しっかりチェックしてカマグラゴールドを手に入れよう

年齢を重ねてくると次第に勃起力が落ちて来るものです。
半勃ち・中折れが常態化し、コンドームを付けても抜け落ちてしまうことすらあるので危険極まりません。
頼りになるのはED治療薬、特にバイアグラは効果的に勃起不全に作用します。
泌尿器を受診して、医師に処方してもらうと一錠2500円程度と高価なのが欠点ですが、海綿体への血流を促し、勃起を維持するのには十分な働きをしてくれます。
身体が火照る、目が充血するなどの副作用はありますが、医師の処方に基づく適切な使用を行っていれば、問題になることはありません。
しかし、セックスする機会が増えてくると、バイアグラの使用頻度も増して来るので経済的な負担が大きくなります。

成分や効果が同じで値段の安い製品があればそれに乗り換えたいところです。
カマグラゴールドはまさにそのような薬で、一般的にはバイアグラのジェネリック医薬品と言われています。
ジェネリック医薬品とは特許の切れた薬に対して後発のメーカーが同一製法で同一成分になるように製造した薬のことで、効き目が同じで値段が安いと言う特徴があります。
カマグラゴールドは、インドの製薬会社で作られているのですが、インドでは、製法さえ異なれば成分が同じ薬を製造しても特許に抵触しないという考え方を採用しています。
現実問題として、バイアグラの特許はまだ切れていないのですが、インドの特許の考え方の下でこの薬は問題なく製造されています。
ですから、正確にはカマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品ではなく、コピー医薬品と言った方が正しいのです。

このようにして、この薬はインドで製造され世界各地に輸出されています。
ジェネリック医薬品にしろ、コピー医薬品にしろ、バイアグラと成分・効き目が同じで値段が格安なら、やはりカマグラゴールドの方がいいと思う人もたくさんいます。
それでは、いったい、日本でどのようにして手に入れたらいいのでしょうか?残念ながら泌尿器科に行ってバイアグラのジェネリック医薬品を処方して欲しいとお願いしても叶うことはありません。
カマグラゴールドは、日本ではまだ正式に承認されていないのです。

たとえ承認されても、しばらくは医師にとって豊富な知見を有し、副作用についても熟知しているバイアグラの方を処方することでしょう。
ここは、個人輸入の代行サイトを頼るしかありません。
幸い日本語の個人輸入代行サイトが立ちあがっており、そこを通じて入手するというのが簡単な方法です。
語学の壁や税関手続きの壁など、難しいことは全部任せることができるので便利です。

ただし、そのようなサイトの中には、偽物の薬を販売してるものがあるという噂が常に付きまとっていることが心配です。
そこで、正規の製品を手に入れるために、厚生労働省のサイトや、口コミのサイトが発信する情報を常にチェックしておき、信頼のおけるサイトを通じて入手するのが安全になります。
医師の処方薬ではないので、副作用が出ても自己責任であることには注意しましょう。