安価であるのに効果はバイアグラと同等

男性なら1度は精力剤を使ったことがあるという人が9割はいるそうです。
精力剤を使ったことのある男性なら、きっとバイアグラにも興味があるのではないでしょうか。
ただ、バイアグラはその価格の高さがネックとなって、なかなか試すことが難しい医薬品となっています。
ところが、カマグラゴールドなら、そんな価格面でのハードルを一気に下げてくれます。
これは、インドの製薬会社が製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。

バイアグラと同等の効果が見込むことができると人気となっています。
しかも、価格はバイアグラの10分の1ほどというリーズナブルさです。
いままでバイアグラを試したくても高くて試せなかった方も、これなら誰でも試すことができそうです。
バイアグラとジェネリック医薬品なわけですが、バイアグラと違いはないのでしょうか。
結論からいうと、成分はもちろん効果にも違いはほとんどないといっていいでしょう。
違うのはバイアグラよりかなり安いということです。

なぜインドではバイアグラのジェネリック医薬品が作れるのでしょうか。
それはインドは成分特許を認めていないからです。
それでバイアグラのジェネリック医薬品を製造することができるんです。
カマグラゴールドの成分は、バイアグラと同じシルデナフィルです。
このシルデナフィルを服用することで大量の血液がペニスに送られます。
ペニスの血管が拡張することでそれが可能になります。
勃起を持続して行うことができるのでEDを改善することができます。
このような素晴らしい効果のあるカマグラゴールドですが、副作用もバイアグラと同じように現れます。
顔のほてりや頭痛、腹痛や消化不良といった胃腸の不調、脈拍の増加、血圧の変化などといったものが主な副作用になります。
副作用がでるといっても後遺症が残るというようなものでありません。
服用後、効果が薄れるとともに副作用も薄れていきます。
服用するときは用法・用量を守れば怖がることはありません。

カマグラゴールドはジェネリック医薬品ですが、病院で扱われる医薬品となんらかわりがありません。
ですから、副作用で苦しむことのないように、用法・容量はきちんと守って服用することが大切です。
まず、服用するのは1日に1回1錠までにしましょう。
何度も服用するときは、前回飲んだ時から24時間以上の間隔をあけてください。
これは、たとえ飲んだ量が少量であっても守りましょう。
1錠では多いという時はピルカッターなど使って量を調節しましょう。
服用するのは性行為をする1時間ほど前に服用してください。

心臓血管系疾患や網膜色素変性は、使用する前に医師に相談することをおすすめします。
服用することで血管を拡張させる効果があるため、心臓に負担をかけたり血圧を高めてしまう危険性があるからです。
心臓病の治療のためにニトログリセリンを服用している方は、バイアグラ同様禁忌となります。
服用はしないでください。
このような注意を守れば自分の理想の勃起を得られるでしょう。