話題のカマグラゴールドとは

カマグラゴールドというのは、バイアグラのジェネリック医薬品として知られる医療薬で、バイアグラと同じ成分のクエン酸シルデナフィルを含有しています。
このシルデナフィルの含有量が有効成分として、ED治療薬としての重要な効果の目安とされています。
有効成分の含有量が25 mgよりは50mg、あるいは100mgであるとか、含有量が多いほど、より強力に作用します。
ただし実際の所、必要量には個人差がありますので、25 mgで十分という人もいれば、 50mg位は欲しいという人もいます。
基本的にどの薬でも言えることなのですが、なるだけ過剰な摂取には気を付けて、適切な用法・用量を守って使用するとよいでしょう。
またED治療薬は、媚薬ではないという点も重要です。
闇雲に強い薬を飲めば、いいというものではないという事は重要な点です。
ED治療薬としてカマグラゴールドに人気があるのは、比較的低価格でありながらED治療薬として先行して発売されて、ED治療に絶大な効果が認められてバイアグラと、ほぼ同等の効果が期待出来るからです。
これには色々な理由があります。
バイアグラは米製薬大手ファイザーが作っている高価な医薬品ですが、カマグラゴールドを作っているのは、インドの製薬会社のAjantaPharmaLtdという会社なのです。
このAjantaPharmaLtdは、1973年に設立された製薬会社で、世界規模でジェネリック医薬品を製造しており、大手ジェネリック薬品会社としても知られています。
この会社がインドにあるというのが一つのポイントで、多くの国々では、一般的な医薬品に関する特許として、成分特許と製法特許という2種類のものがあるのですが、インドの特許では、そのうち製法特許だけを認めています。
ですから、極論を言えば成分が全く同じ医薬品でも、製法が異なれば、特許権を侵害する事無く販売が出来るわけです。
こういった背景から、インドでは低価格なジェネリック医薬品や、成分をコピーした医薬品が盛んに開発されており、その流れを受けて、カマグラゴールドも生まれたと言うことが出来ます。
低価格だから成分に手を抜いたものでは無いと言うことです。
カマグラゴールドの魅力も、なんと言ってもその価格にあると言えるでしょう。
一般的にはバイアグラの数分の一という価格にも関わらず、バイアグラと同等の成分のものが買えるというわけで、価格の面から、世界的に非常に注目されています。
元々バイアグラは高価な医薬品であり、買える人が限られていたという事もあるのですが、今までバイアグラを使っていた人も、低価格なジェネリックの方を何度か試してみて、さして成分や効果にさして違いが感じられないという人も多く、しだいにジェネリックの方に切り替えると言ったケースもあるそうです。
日本でも個人的に使用する目的での個人輸入は合法ですので、法律に基づいて個人輸入する人も増えてきているそうです。
ただし個人輸入する場合は、偽薬なども出回っている可能性がありますので、出来るだけ信頼のおける所からの購入を心がけると良いでしょう。